借りる前に!知っておきたいオリックス銀行のカードローンの金利の低さのヒミツ

オリックス銀行は、オリックスグループ傘下にある信託銀行です。もともとは山一證券の信託子会社という経緯があり、一般の銀行とはことなり、店舗を保有していません。一方で主力事業はネット専用定期預金やオリックス銀行カードローン、住宅ローンであり世間的にはネット銀行というイメージがありますが、銀行の種類としては信託銀行になります。

オリックス銀行の主力事業のひとつがカードローンであり他社にない特色があります。オリックス銀行のカードローンの金利は年率3.0%から17.8%と幅広い特徴があります。最高の利用限度額は800万円ですが、800万円の限度額で年率3%の利率が設定されているのはオリックス銀行だけになります。しかし、誰もが低金利のサービスを受けられるわけではない点に注意が必要です。

オリックス銀行では保証会社を2社保有しており、1度の申し込みで2社からの審査を受けることになります。このさいに利率の低い方がオリックスグループのオリックス・クレジットで、利率の高い方が新生銀行グループの新生フィナンシャルになります。つまり、条件が良ければオリックス・クレジットの保証を受けることができ、条件が悪ければ新生フィナンシャルとなります。新生フィナンシャルはもともとは消費者金融のレイクであり、消費者金融を利用できる基準であれば審査に通ることが可能です。なお、オリックス・クレジットの審査に通れば100万円未満の借入の場合でも上限金利が12%で借り入れることが可能です。